• ワンルームマンション投資の金利って重要なの?【金額で考えましょう。】

    「金利?それってそんなに重要なの?」

    あなたがワンルームマンション投資の初心者なら金利と聞いても特に気になることはないと思います。

    しかしワンルームマンション投資では金利は最も重要な経費の一つになります。

    結論:ワンルームマンション投資では金利は最も重要な経費の一つです。

    その理由はワンルームマンション投資の借入金は多額の金額となるからです。

    具体的に計算してみたいと思います。

    例えばあなたが1,200万円のワンルームマンションを購入するとします。そして自己資金を200万円・借入金を1,000万円で購入したとします。

    このケースでは借入金が1,000万円ですので、仮に金利が2%なら一年間に発生する経費は20万円(1,000万円×2%=20万円)になります。

    金利が3%なら30万円(1,000万円×3%=30万円)で4%なら40万円(1,000万円×4%=40万円)になります。

    ワンルームマンション投資の利回りが年間5~8%だと仮定すると年間20~40万円かかる金利の経費がどれだけ大きい経費かご理解頂けると思います。

    ワンルームマンション投資の利回りが年間5~8%だと仮定すると年間20~40万円かかる金利の経費がどれだけ大きい経費かご理解頂けると思います。

    ただ実際には誰も金額まで説明してくれないので金利の数字だけ聞いてもピンと来ないと思います。

    事実、あなたがワンルームマンション投資の初心者であれば金利が〇%だと言われてもあまり現実味がないと思います。

    金利4%だから高いだの金利2%だから安いだのと言われても意味不明でさっぱり実感がわかないと思います。

    しかしあなたがワンルームマンション投資で融資を受ける金額にその金利の数字を掛けて金利負担額を計算すると金利の経費の重要さが想像できると思います。

    例えば金利が3%で融資を受けるのが800万円なら年間の金利経費はだいたい24万円程度(800万円×3%=24万円)です。これを月(12ケ月)で割るとだいたい月額2万円程度になります。

    「年間24万円」「月額2万円」と聞いたら簡単に経費の大きが分かると思います。

    つまり金利のパーセントを数字で聞いたらだいたい融資を受けることになるであろう額を掛けて年間経費と月額経費を計算するようにしましょう。

    つまり金利のパーセントを数字で聞いたらだいたい融資を受けることになるであろう額を掛けて年間経費と月額経費を計算するようにしましょう。

    そうすれば金利に対する感性が磨かれてあなたのワンルームマンション投資の判断も更に磨かれることになります。

    因みに金利は月単位で減っていくので上記のような簡単な整数の金額にはなりません。しかしそこから大きく変わりはしないので、まず大雑把にでも上記の通り計算できるようになりましょう。

    そしてワンルームマンション投資で成功できるようになりましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

    この記事を書いた人:鈴木聖太

    教育会社、不動産投資会社で働いた後、2012年に株式会社都実業を設立。社会人の資産形成には不動産投資が最適であるとの考えから不動産投資事業を開始。

    ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引士

    メールマガジンを購読する

    非公開物件情報(週1で配信中)を受け取る

    メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

    メールマガジンのバックナンバーはこちら

    無料プレゼントのご案内

    • 【所有者しか見れない】固定資産税評価シート
    • 【600本以上売れた】不動産収支計算ソフト
    • 【プロが監修】不動産を高く売る方法(90分動画)
    • 【税理士が絶賛】相続対策シート など
    • ぜひ、この機会にお気軽にお受け取りください。

    \こちらの記事も是非どうぞ/