あなたの大切な不動産を一円でも高く売却するために

なんでこんな値段で売ってしまったのだろう。。

収益物件を売却された投資家の方や、家を売却された方とお話をすると、私の想定よりも安い金額で不動産を売却されている方がたくさんいます。

高く売れる理由は二つです

はじめに結論からお伝えします。あなたの不動産を高く売れる理由は2つあります。

1つ目は、情報を一切抱え込まないから。そして、2つ目は最も高く買ってくれる方をターゲットとした資料を作成するからです。

当たり前のように感じるかもしれませんが、この2点を徹底するだけで、数十万円、数百万円は簡単に変わってくるのが不動産売却の現状なのです。

不動産の売却は人生で数回だけ。だからこそ慎重になる必要があります

不動産の売却は、人生の中で何回も経験することではありません。

そうすると、経験が豊富な不動産業者と経験が少ないオーナーで、どちらが有利なのかというと、明らかに不動産業者ですよね。

だからこそ、今でも安い金額で売却してしまっている方が後を絶たないのです。

1年働いて稼いだ500万円と、不動産を売却して得た500万円の価値は同じです

お金というのは、絶対的なように見えて相対的なものであると私は考えています。

例えば、サラリーマンの方で年収が100万円下がってしまうとなると大変なことですが、不動産の売却において売却価格が100万円下がったとしても「まあそんなものか」と思われる方がとても多いです。

不動産は絶対的な金額が大きいからこそ、数十万円や数百万円という金額が大したことないような金額に見えてしまうのです。

500万円高く売れれば、そのお金で海外旅行に行くこともできますし、高級自動車を買うことができますし、ちょっと贅沢な生活ができるようになります。

1円でも高く売る、という意識を持つことが大切です。

両手仲介の割合が極めて高い日本の現状

以下のデータをご覧ください。以下は大手不動産会社の仲介手数料の平均割合を示したグラフなのですが、このグラフを見ると、ほとんどの会社で仲介手数料の割合が3%を超えていることが分かるかと思います。

出展:週刊ダイヤモンド2015年4月18日号

つまり、あなたが売却の依頼をした不動産会社は、自社で買主を探すことが多いというのが現状なのです。

一社が買主も売主も見つける??

同じ会社が買主も売主の双方の間に入るということは普通のことなのでしょうか?

ここで、一つ例をあげて考えてみましょう。

例えば、あなたが中古車の売却を考えているとしましょう。その中古車は少しニッチな型の車であったとします。

この車の売却を、あるディーラーに依頼をしたとします。

この時、ディーラーはあなたの車を高く売るために何をするべきでしょうか?

答えは簡単です。情報をしっかりと拡散させ、買いたいと思っている人にあなたの車の情報を届けることです。

100人のお客を抱えているディーラーが自社の顧客に紹介するのでなく、100社のディーラーに買主の紹介を依頼すれば、買主の数は100倍に膨れ上がるのです。

自社だけで買主を見つけるよりも、ほかのディーラーにも買手を見つけるお願いをした方が合理的なことは明らかですよね。

両手仲介を実現できる理由

ここで一つ仲介会社のからくりを明らかにしましょう。

不動産の仲介において両手にすることができる理由は何でしょうか?

不動産会社が両手仲介をすることができる理由。それは売却価格を下げているからです。

マーケットで5,000万円で売れる不動産を4,000万円で売れば、買手は簡単に見つけることができます。

仲介会社の収入源は仲介手数料です。そして、仲介手数料を最大化するために一番効率的なことは、自社で売主と買主を見つけることです。

つまり、自社で売主と買主の間に入るために一番効率的なことは、不動産の売却価格を下げることなのです。

完全無料で不動産売却のノウハウをまとめた動画を作りました

不動産を売却して一円でも多く手残り額を増やしてほしい。そういった思いから、不動産を高値で売却するノウハウをまとめた動画を作成しました。

費用は一切かかりません。無料でで公開していますので、ぜひともご覧ください。

【無料】高値売却ノウハウ動画はこちら

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする