• ワンルームマンション投資の利回りはどれぐらい?【利回りについて考えました。】

    ワンルームマンション投資の利回りは何%だと良いのでしょうか?

    あなたも一度は利回りについて悩んだことがあるのかもしれません。

    ではワンルームマンション投資の利回りは何%だと良いのでしょうか。答えは、

    結論:ワンルームマンション投資の妥当な利回りはイールドギャップで判断すべき。

    というものになります。

    イールドギャップというのは利回りと金利の差のことを言います。

    例えば利回りが7%で金利が2%ならイールドギャップは5%です。

    イールドギャップが重要な理由は物件価格は金利次第で変動するからです。例えば利回りが8%の物件があっても金利が3%であれば、利回りが6%で金利が1%の物件と利益は変わらないものとなります。

    つまりワンルームマンション投資で重要なのは利回りではなくイールドギャップです。

    金利との差額が利益の源泉となるのです。

    では、イールドギャップは何%あれば良いのでしょうか。答えは

    イールドギャップは4~5%台であれば充分である。

    というものになります。

    上記の数字を大きく超えてしまう物件は、何かしら危険なリスクの潜む他の投資家が買わないような物件か築年数が古く長期的に運用できない物件となります。

    また上記を大きく下回る物件を購入してしまうと破綻リスクが高まります。

    そのため常にイールドギャップを意識してワンルームマンション投資の是非を判断するようにしましょう。

    間違っても「利回りが高い=良い物件」という定義をしないようにしましょう。

    この記事を書いた人:鈴木聖太

    教育会社、不動産投資会社で働いた後、2012年に株式会社都実業を設立。社会人の資産形成には不動産投資が最適であるとの考えから不動産投資事業を開始。

    ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引士

    メールマガジンを購読する

    非公開物件情報(週1で配信中)を受け取る

    メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

    メールマガジンのバックナンバーはこちら

    無料プレゼントのご案内

    • 【所有者しか見れない】固定資産税評価シート
    • 【600本以上売れた】不動産収支計算ソフト
    • 【プロが監修】不動産を高く売る方法(90分動画)
    • 【税理士が絶賛】相続対策シート など
    • ぜひ、この機会にお気軽にお受け取りください。

    \こちらの記事も是非どうぞ/