• 不動産を高値で売るために必要なポイント3つ – 売主のミカタ

    不動産を高値で売るために必要なポイント3つ

    売地と看板

    これから不動産を売却しようと考えている方は、 可能な限り高い価格で売却しようと考えている方も多いのではないかと思います。    

    不動産は金額が大きい商品ですので、少しの工夫で収益も大きく変わってきます。売るのであれば、やはり収益を最大化させたいですよね。

    そこで今回は、不動産を高値で売却するためのポイントを3つご紹介させていただきます。

    1. 不動産を高値で売るためのポイント3つ

    不動産を高値で売るためのポイント3つを早速ご紹介させていただきます。

    なお、戸建を高値で売却するためのポイントについては戸建ての不動産を売却する際に意識しておくべき3つのポイントというコラムも合わせて参考にしていただければと思います。

    1-1. 相見積を取る

    高値で売却するためには、まず複数の会社に対して 売却価格の査定の依頼を行うことが基本です。 (すでに信頼できる業者がいる場合はこの限りでは ありません。)    

    複数社に見積もりを依頼した結果、最も高い値段で査定した 仲介会社経由で売れば、安価な査定をした仲介会社に仲介を依頼するよりは 高い値段で売却できる可能性が高まると思います。    

    一方で、私はこの方法では売値を極限まで上げることは難しいと考えています。

    なぜなら、仲介会社がどんな査定をしようと、物件の買手がいなければ、その物件は売れないからです。(不動産仲介会社が買主になる場合も考えられますが、その場合は転売益を見込める金額であることが前提となりますので、 高く売るという観点では不動産仲介会社が買主になるという可能性は極めて低いです。)    

    すなわち、複数の不動産会社に対して査定を出すことによって得られるものは、安い値段で売られてしまうリスクを避けることができるということであり(ダウンサイドリスクを減らす)、 高値で売り抜く可能性(アップサイドを取る可能性)を高める要素になるとは 言い切れないというのが私の考えです。では、高値で売る(手取り額を増やす)為にはどうすれば良いのか、 次の一手を考えましょう。

    1-2. 仲介手数料を安くする

    手取り額を増やすには、仲介手数料が安い仲介会社に対して売却を依頼する、すなわち、売却に伴う経費を減らすことが考えられます。

    例えば、5,000万円で物件を売却した場合、 仲介手数料は最大で162万円発生しますが、これが半額になれば約80万円分手取り額を増やすことができます。仲介手数料が安い会社に対して物件の売却依頼をすることは、 選択肢の一つとしてアリだと思います。

    一方で、仲介手数料が安いということは、仲介会社の経営を圧迫する要因ですので、あなたが売却を依頼した物件がどういった形で買い手側の仲介会社に伝わっているか、すなわち、どれだけあなたの物件のアピールがなされているかを確認する必要があるでしょう。    

    1-3. 物件のアピールポイントを作成する

    (物件の営業力を上げる)上記の内容の続きとなりますが、売却の依頼を受けた仲介会社がどのように REINSに物件を掲載しているかは分かりません。

    これはSuumoといった賃貸ポータルサイトだと分かりやすいでしょう。あなたがSuumo等のポータルサイトで賃貸物件を探す際、物件によっては、情報がほとんどなかったり、写真が少なかったりする場合がありますよね。

    そして、掲載されている情報が少ない場合、本来その物件がお得だったとしても、借手の候補から落ちてしまう可能性が高まってしまうというのが現実です。

    売買の場合も同じでです。

    物件をの情報が少なければ、REINSに掲載しても反響は少なくなってしまい、高値で売却できる可能性が下がります。

    すなわち、物件をどのようにアピールするかが、高値で売却するために重要なのです。

    新築の物件はきれいなパンフレットやホームページが作成されますよね? 一方で、中古の物件に対してパンフレットが作成されることはほとんどなく、 基本的にはA4で作成された物件概要図があるだけです。

    一生に一度しかない買い物に対し、判断をする材料が少ないと私は考えています。    

    2. 最後に

    これらのポイントは当たり前のように思われるかもしれませんが、実行した場合と実行しなかった場合では売却額に大きな違いが発生します。

    今回ご紹介させていただいたポイントを確りと実践し、1円でも高く不動産を売却するようにしましょう。

    3. ご参考

    当社では、高値で売り抜くためには徹底的な現地調査に基づく 物件資料の作成が重要と考えており、当社が売り主の方と一般媒介契約を締結すると 当社はまず依頼を受けた物件の情報を徹底的に調査し、 その上で物件のアピールポイントをまとめ、その情報をREINSに掲載します。 (→不動産売却時の媒介契約形態を一般媒介にする5つのメリット)    

    そうすることによって、買主側の業者もエンドユーザーに対して その物件のアピールポイントを宣伝しやすくなり、高値で売却 できる可能性が高まるのです。    

    物件の仲介の依頼を受けた方に対しては、 このアピールポイントのまとめを作成の上、お渡しさせて頂いております。    

    また、一つの物件に対して徹底的に調査を行い、資料を作成することが 当社のノウハウの蓄積にもつながると考えています。売却を検討されている方は、是非一度無料相談にお越しいただければと思います。  

    この記事を書いた人:大橋亮太

    三井物産株式会社で約7年働いた後、2015年に株式会社ムーブウィルを設立。両手仲介への違和感から買側の仲介に入ることを止め、売主側の味方だけをするサイト「売主の味方」を立ち上げる。

    ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引士

    メールマガジンを購読する

    サラリーマン→起業の経験を活かし、個人で行きていくために必要な考え方を毎日メールで配信しています。ペースメーカーとして是非ご活用下さい。

    メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

    メールマガジンのバックナンバーはこちら

    無料プレゼントのご案内

    • 【所有者しか見れない】固定資産税評価シート
    • 【600本以上売れた】不動産収支計算ソフト
    • 【プロが監修】不動産を高く売る方法(90分動画)
    • 【税理士が絶賛】相続対策シート など
    • ぜひ、この機会にお気軽にお受け取りください。

    \こちらの記事も是非どうぞ/