• 不動産投資を成功させるカギは考え方!成功者のマインドを身につける2つの鍵 – 売主のミカタ

    不動産投資を成功させるカギは考え方!成功者のマインドを身につける2つの鍵

    考え方のイメージ

    不動産投資は何か怪しい。けど何となく興味がある。

    不動産投資を成功させて収入を増やしたいけど、成功するためには何が必要か知りたい。

    今回はこういった悩みをお持ちの方に、不動産投資で成功するための考え方についてお伝えしていこうと思います。

    本を100冊読んでも不動産投資で成功はできません

    この記事を読んでいる方の中には、不動産投資で成功するために必要な知識を教えて欲しい!と考えている方もいるかもしれません。

    もちろん不動産投資を成功させるためには知識を身に付けることも重要ですが、知識を身に付けるだけでは成功することはできません。

    不動産投資というのは「ビジネス」です。学校の勉強ではありません。

    ただ知識を身に付けるだけで大きなお金を得ることができるのであれば、東大に入った人は全員お金を稼げるということになりますが、実際には全員が平均以上のお金を稼いでいる訳ではありません。

    ビジネスというのは、価値の交換であり、相手があって初めて成立するものです。自分の脳にどれだけ情報を詰め込んだところで、相手がそれにお金を払うことはないのです。

    勉強とビジネスの違い

    そして、不動産投資は競争です。弱者は市場から撤退しないといけません。

    不動産投資はビジネスであり、競争相手が常にいます。

    その中で、相手に打ち勝っていかなければ、収益をあげることはできません。

    不動産投資は常にライバルとの戦いです。この戦いに負けてしまえば、不動産投資の世界から撤退しなければいけなくなってしまうでしょう。

    そして、他の投資家に勝つために必要なことが、「正しい考え方」なのです。

    ビジネスに答えというものはありません。最適な答えを求めて情報を集め、その情報をもとに決断を繰り返していくことが必要なのです。

    例えば、私も不動産投資のプロとして活動をしていますが、これから不動産投資の市場がどうなるのかという点に対する答えは分かりません。

    もちろん、ある程度予想をすることはできますが、その予想通りにいくとは限らないのです。

    そういった意味では、成功する確率を極大まで高め、失敗する確率を極小にする。

    これを繰り返していくことにより、最終的に不動産投資で成功することができるようになるのです。

    そして、正しい考え方が身についていなければ、正しい情報を集めることができず、正しい判断をすることができません。

    だからこそ、不動産投資で成功するためには「正しい考え方」がまず必要になるのです。

    意思決定の方法

    今回は、不動産投資を成功させるための考え方、マインドについてしっかりとお伝えしていきます。

    [voice icon=”https://realestate-column.com/wp-content/uploads/2017/03/icon1.png” name=”” type=”l big”]「知識」と「考え方」は自転車の両輪です。どちらが欠けていても成功はできません。[/voice]

    不動産投資を成功させるために、最優先で身に付けなければいけない2つの考え方

    不動産投資を成功させるために、必ず身に付けなければいけない2つの考え方についてお伝えします。

    投資を成功させるためにも、しっかりとこの考え方を身に付けるようにして下さい。

    その1 お金に対する絶対的な感覚を身に付ける

    まず初めに、お金に対する絶対的な感覚を身に付けることが必ず必要です。

    とあるデータによると、アメリカでは宝くじに当たった人の44%は5年以内にそのお金を全て使いきってしまうようです。

    例えば、宝くじで1億円が当たったと仮定しましょう。

    このお金を5年で使いきると考えた場合、毎日5万円以上のお金を使わなければいけません。

    それでもほとんどの人は浪費を重ね、お金を全て失ってしまうのです。

    こういった事例を見ると、入ったお金を使い切るなんてバカバカしい。と思うかもしれません。

    しかし、ここであなたの学生時代と社会人時代を振り返ってみましょう。

    大学時代、ほとんどの方はアルバイトをしながら生活費の工面をしていたのではないかと思います。

    学校の授業を考えると、月にバイトで稼げる金額は数万円でしょう。

    親からの仕送りを考えても、毎月自由に使えるお金はほとんどないというのが現状だと思います。

    一方、サラリーマンになって収入が増えると、使えるお金は一気に増えます。

    そして、収入の増加に伴って生活水準が大きく上がったという方も少なくないのではないかと思います。

    これは、学生時代の「入った分だけ使う」という習慣をそのまま引きずっているからに他なりません。

    一度身についた「浪費癖」は、社会人になってからも続いてしまうのです。

    こうやって収入の増加によって支出を増やすことは、宝くじに当たってお金を使いきってしまった人と本質的には変わりません。

    お金のコントロールをすることは、それぐらい難しいということをしっかりと認識しておくと良いでしょう。

    発泡酒がビールになり、ユニクロがバーバリーになる。

    このように、入った分だけお金を使ってしまう人は、投資で成功することは難しいと言えるでしょう。

    お金に対する絶対的な感覚を身につける方法については、別途コラムにまとめた上で公開しますのでそちらを参考にしてください。

    私が実践しながら身に付けていった方法ですので、きっとあなたもこの方法を使うことによってお金に対する絶対的な感覚を身に付けることができるようになります。

    [voice icon=”https://realestate-column.com/wp-content/uploads/2017/03/icon1.png” name=”” type=”l big”]学生時代の1万円と社会人時代の1万円は、同じ価値です。[/voice]

    その2 自分で考える習慣を身につける

    次に、不動産投資を成功させる上での2つ目のポイントについてお伝えします。

    ネットに載っている情報に流されて投資をしているようでは、成功することはできません。

    この力はビジネススキルに近い部分がありますので、一言でお伝えすることはできませんが、この場で一つポイントをお伝えしようと思います。

    そのポイントとは、「そもそも」という言葉を口癖にすることです。

    少し難しい言い方をすると、ゼロベースで考える癖をつける、と言い換えることもできます。

    この言葉だけでは少しイメージが湧きづらいと思いますので、具体的な例を挙げて説明をしていこうと思います。

    ここで、牧場のファンドの話があったとします。

    牧場

    そのファンドは、投資家から預かったお金を使って牛を買い、その牛を育てて販売することによって収益を上げるというビジネスモデルです。

    このファンドには、以下のような特徴があることが分かりました。

    1. 過去10年間、毎年4%の配当を出し続けている
    2. 好きな時に解約することが可能

    この条件を聞くと、少しばかり興味を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    このファンドに対して投資しますか?という質問があった時、実際に投資するでしょうか?

    ここから、「そもそも」という考え方を使い、どういった考え方をすれば良いのか解説していこうと思います。

    牧場ファンドへの出資にあたり、まず考えなければいけないことは、過去の配当のことでも解約のことでもありません。

    そもそも、牧場ビジネス(農家のビジネス)とはどういったモデルなのか、ということから考える必要があります。

    実際に牧場ビジネスの現状について調べてみましょう。

    「農家 牛 儲かる」といったキーワードで農家のビジネスモデルを検索してみると、牛の農家には、①繁殖農家と②飼育農家の2つの種類があるということが分かりました。

    子牛を育てることを専門にする農家と、育てることを専門にする農家がいるということですね。

    そして、子牛というのはマーケット商品であり、需要と供給のバランスによって価格が大きく上下するということも分かりました。

    更に、海外の安い肉牛との競争にもさらされており、収益を上げることは簡単ではない、と書かれていました。

    これを読むだけで、牧場への投資が危険ということが分かります。

    インターネットで少し調べるだけで、これだけの情報を得ることができるのです。

    そして、和牛の農家の実情が分かると、この牧場ファンドが主張していることがおかしいことに気づきます。

    毎年4%の配当という点に関しては、年によって子牛の価格に変動がある以上、安定的に毎年収益を上げることができている理由についてしっかりと確認する必要があるでしょう。

    また、いつでも解約可能という点についても、牛を売らない限り収益を上げることはできませんので、いつでも解約可能な理由について確認する必要があるでしょう。

    そういったことを考えていくと、「そもそも、なんで自分は牧場ファンドに投資しようとしているんだろう」といったことを考えるかもしれません。

    ここまで原点に戻って考えることができれば、投資を進めていく上でも騙されることはないでしょう。

    そもそもこのファンドを募集している人は農業の経験があるのか?どこの牧場で経営しているのか?など、少しずつ抽象的な世界に踏み込みながら、そもそも論を展開していくことが重要です。

    [voice icon=”https://realestate-column.com/wp-content/uploads/2017/03/icon1.png” name=”” type=”l big”]「そもそも」を口癖にしましょう。[/voice]

    この2つのマインドを身に付けた後は?

    この2つのマインドを見につけることができれば、不動産投資で成功するための土台ができあがります。

    この土台をもとに、知識や経験を積み上げていくようにして下さい。

    そして、ここからは成功するためのマインドを身に付ける上でさらに突っ込んだ考え方について紹介していきます。

    考え方の幅を広げることにより、不動産投資での成功を盤石に固めることができるようになるでしょう。

    それぞれの記事は随時作成の上、紹介していきますので楽しみにしていて下さい。

    複利の力について学ぶ

    不動産投資のみならず、投資を進める上で必ず意識しておきたいことが複利の力についてです。

    複利の考え方について、分かりやすく説明します。

    借金について考える

    これから不動産投資を始めようとする方の中には、借金が怖いと感じる方も多いかもしれません。

    そういった方は、是非とも不動産投資の借金が怖い方へ。借金のホントのところをお伝えします。いう記事を読み、そもそも借金が何なのか、という点について理解を深めていただければと思います。

    人口減で投資することの是非について考える

    日本は人口減少のステージに入りました。

    人口が減っているのであれば、不動産投資は今後衰退の一途をたどる。と思われる方もいるかもしれません。

    そうった考えをお持ちの方は、是非とも人口減だから不動産投資はダメだ、と考えている方へ。本当のところをお伝えします。という記事を読んでみて下さい。

    最低限必要な知識を知りたい方は

    考えだけではなく知識も身に付けていきたい、と考えている方は不動産投資で最低限必要な知識は、レンタカーが全て教えてくれるという記事を是非ともご覧ください。

    不動産投資を成功させる上で最低限必要な知識についてまとめています。

    最後に

    年収1,000万円を超えるサラリーマンの方でも騙されてしまうような世界が投資の世界です。

    ビジネスでの成功と投資での成功に必要な知識というのは異なります。

    投資事業で成功するために必要な知識を、しっかりと身に付けていくようにしましょう。

    この記事を書いた人:大橋亮太

    三井物産株式会社で約7年働いた後、2015年に株式会社ムーブウィルを設立。両手仲介への違和感から買側の仲介に入ることを止め、売主側の味方だけをするサイト「売主の味方」を立ち上げる。

    ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引士

    メールマガジンを購読する

    サラリーマン→起業の経験を活かし、個人で行きていくために必要な考え方を毎日メールで配信しています。ペースメーカーとして是非ご活用下さい。

    メールアドレスを入力購読解除はいつでも可能です

    メールマガジンのバックナンバーはこちら

    無料プレゼントのご案内

    • 【所有者しか見れない】固定資産税評価シート
    • 【600本以上売れた】不動産収支計算ソフト
    • 【プロが監修】不動産を高く売る方法(90分動画)
    • 【税理士が絶賛】相続対策シート など
    • ぜひ、この機会にお気軽にお受け取りください。

    \こちらの記事も是非どうぞ/